北海道で頑張る北洋銀行の魅力

北洋銀行の歴史と成長

もともと北洋銀行は、第二地方銀行として北海道に拠点を置いて経営していた銀行です。北海道には北海道拓殖銀行という規模の大きな都市銀行がありましたが、他にも札幌銀行や北海道銀行など、さまざまな地方銀行や信用金庫があり、そして農業の盛んな地域でもあることから、農協(JA)系金融機関という都会にはないライバル関係も存在していました。

そんな北洋銀行は、大正6年にできた北海道無尽がルーツとなっています。無尽とは今で言う「有限会社」のようなものですが、北海道の資産家たちが自らの資産を集めて金融専門会社を作り、それが北海道無尽となったのです。いくつかあった道内の無尽会社を合併して北海道無尽となり、戦後の昭和26年に北洋相互銀行としてリニューアルしたのです。その後銀行法の改正により、普通銀行への転換を経て現在の名称である「北洋銀行」へと変遷を遂げたのです。

北洋銀行が全国的にも名を知られるようになったのは、バブル崩壊後のことです。先述した北海道拓殖銀行が不良債権を抱えて実質的に破たんし、その救済のために北海道内の銀行を引受先として探すこととなり、当時の営業規模でいえば北洋銀行よりも大きかった札幌銀行や北海道銀行ではなく、北洋銀行が引き受け先になったのです。この動きには政治的な動き、当時の銀行間のライバル関係があったものと思われますが、この救済合併を経て北洋銀行は著しい成長を遂げたのです。

合併の結果、北洋銀行が保有する資金や預金量は道内銀行で最大となり、いわゆる第二地方銀行でも全国トップの資金量を有するようになり、地方銀行も含めたランキングでもなんと全国6位に入るまでになりました。バブル崩壊と金融再編を経てピンチをチャンスに変えた北洋銀行、その経営戦略は業界でも注目を浴びているところです。